夢解き ~夢の世界からのメッセージ~

夢分析専門のブログです。心理学をベースにした、かなり専門性の高い夢分析を行っています。夢占いとはまた違う解釈で分析していくので、過去記事などを参照してください。

夢解き無料鑑定依頼フォーム

バイトのあとに事務所に呼び出される夢

夢解き無料鑑定依頼フォーム

【夢内容】
 バイトのあと店長に、私が何かの手続きをする必要があるから この後、事務所へ顔を出すようにいわれました。
私はよく理由も分からずに了解しその事務所へ行きます。(事務所といいながら何故か室内はコンビニのようなところでした)しかし、この事務所は主に職場で何かやらかした人々を扱うのを専門としており、私は不安になっていました。しばらく私が担当の方を待っていると、その事務所で見慣れた人影を発見しました!しかし私にばれまいとその人影はすぐに隠れてしまいました。
しばらくして担当の方がやってきました。(担当の方は太ったおじさんで、現実世界には存在しない人なのですが以前にも夢で見たことのある人物でした。夢の中の私は毎回このおじさんを怖がっています。)するとやはり私は 手続きの為に顔を出しただけのはずなのに、私自身も上手く内容を把握しきれていなかった為、このおじさんに自分もなにか職場で事件を起こした人間だと勘違いされてしまいます。
このおじさんはヤクザのようにものすごく怖く、その後おじさんと言い争いのようになってしまいました。

★すると、ここら辺で夢が一変、この事件が起きる過去にとびます…
私はこのおじさんを昔から怖がっているという設定で、今度この人に会いにいかなくちゃならないんだ!という話を私が家族や友人に伝えているのです。するとその友人がそのことをやんわり私の元彼に伝えているシーンが見えてきました。


・・・ここでまた元の事務所にいたシーンに戻ります。
事務所の方と散々もめた私は無実を証明できず、おじさんもビールを飲みながら一度事務所を出て行ってしまいました。私はおじさんに勤務中にアルコール摂取していること、知っているんだぞ!みたいな事を言い弱みを握ろうとしたのですが、聞く耳を持ってもらえませんでした。

一人事務所に取り残された私は、またこの人が戻ってくる事に恐怖を感じどうしたらよいのか…とこわがっている状況でした。
すると、物陰から先ほど隠れていた人物が突然しゅっと現れました!その人物とは元彼でした。彼は担当の方がいない間に私の手を引き一緒に走って私を逃がしてくれました。二人で逃げてどこかのビルに入るとそこに私の姉も来ました。どうやら、元彼も姉も私が怖いおじさんに会いにいくという話を直接、または友人伝いに聞いていたので、心配して様子を見にきてくれたようでした。その後家に帰り家族の前で今日あったことを話すと、姉にそれは~~の更新に来たって言えば通じたんだよって言われました。


ここで、目が覚めました。

【鑑定結果】

繰り返して出てくるおじさんというのが気になりますね。
これは、夢主が恐怖の対象として捉えているようなので、きっと、”シャドウ(影)”なのかもしれません。
”シャドウ”は、夢主が嫌なもの、嫌いなものを無意識に押し込めたものを具現化したものです。

だから、おじさんが来ると怖いんです。
それは、「自分の嫌なものを自分の中から出てくることを恐れている」からです。
つまり、あの子のこんな性格が嫌いだ……→夢主の中にある一側面であり、持ちうる性格であり、それを嫌なものとして封印しよう、外面では、この一面を出さないように気をつけよう……ということです。
そうなると、その嫌な部分はどこへいくか? 消えません。
すなわち、無意識に押しやります。

無意識に押しやった記憶は死ぬまで忘れません。
そこでドS無意識の登場です。
”シャドウ”という恐れるもの、嫌なものを具現化することによって、「アタシを忘れてもらったら困るよ!」とぐいぐいと見せつけるんですよねえ。

これをどうするべきか? は、他ならぬ夢主自身の考え方の転換を示しています。
嫌な部分は別の視点で考えればそんなに嫌な部分じゃないよ、と暗に伝えてきてくれているんですね。


さて、その嫌な部分ってどんなの? ですが、そのおじさんの特徴を挙げて下さい。

デブだったり、はげていたり、いやらしかったり、ねちっこかったり……そういう簡単に思いつくものを挙げて下さい。

それが、夢主が持ちうる嫌な一側面なんです(汗)

これをどう受け入れるか……。それが課題になりそうです。



(※多い場合は抽選となりますので、ご了承下さい。また、鑑定したものは全て記事に上げます。直接ご連絡することはありませんので、こまめにチェックをお願い致します。今のところ空いていますので、100%近く鑑定出来ます。)

夢解き無料鑑定依頼フォーム

引き寄せの法則や夢分析鑑定で幸せをお届けします。