夢解き ~夢の世界からのメッセージ~

夢分析専門のブログです。心理学をベースにした、かなり専門性の高い夢分析を行っています。夢占いとはまた違う解釈で分析していくので、過去記事などを参照してください。

夢解き無料鑑定依頼フォーム

十代くらいの女の子が目から大量出血する夢

夢解き無料鑑定依頼フォーム

【夢内容】

最近見た、頭から離れない夢です。
おそらく海辺のような場所にいました。
地面はサラサラとした粒状の砂で、世界の色は藤色のような紫色です。
私は歩いています。

そこに、十代くらいの女の子と男の子が走ってきました。
高い位置のツインテールで、きゃりーぱみゅぱみゅやアニメのキャラクターのような見た目の女の子と、比較的整った顔立ちをした男の子です。
女の子は見るからに世間知らずと言うか、無垢というか、疑うことを知らないかのようであると、私は見て取りました。
頭が抜けているようだけど、そんなにも子どものようでいられる彼女は少し羨ましくもありました。

対照的に、男の子の方は自分を上手に作り上げているようです。
女の子に対して何か隠し事をし、何かのために女の子が自分を信じきるように仕向けようとしているのだと私は見て取りました。
女の子は何も気づかず、男の子の言葉や笑顔に対して無邪気に笑っています。

可哀想に、何もかも騙されているのに、と私は思いました。(何を騙されているのかはわかりません。)
気が付くと、私とその二人、そしてもう一人男性が、砂の上に並んで座っていました。「私 女の子 男の子 男性」という感じです。

男性は、どうやら私が知っている人でした。

夢の中では特定していたはずなのですが、起きた時にはそこだけ忘れてしまっていました。
ただ、その人はただの知り合いではなく、親しいというか、かけがえのない存在という感じの男性だったということは覚えています。

思い当たるのは、私が今でも心の隅で気にしている元彼です。
確かではありませんが、夢に男性が現れてから、元彼といる時の安心感・幸福感と同じ感覚がしていました。
私と男性は、だまって二人の会話を見つめています。
すると一瞬のうちに男の子の指先がまるで悪魔のようにとがり、女の子の目を潰しました。
私の目の前を、女の子の血液が噴水のように飛び散りました。

飛び散る血液の向こうに、男性が目を見開いて、顔を青くして、それを見ている顔を私は見ました。

それを見た後、男性の心の声が読めました。見てはいけないものを見てしまった…そして私も男性も、一言も、悲鳴も発することなくその場で俯きます。
血の気が引いていくのを感じました。女の子が叫びました、「目が!目が見えないよ!見えないよ、どうして!」どうしても何も…本当に馬鹿だったのか。と私は思(すみません、ここから先は文字化けしてしまい、読めませんでした。フォームメーラーのバグかと思われます。)

 

1番気になったのが、男性の正体です。


【鑑定結果】

長いので一つずつ区切っていきますか。

地面はサラサラとした粒状の砂で、世界の色は藤色のような紫色→夢主の今回の無意識世界にある舞台です。より無意識、魂に近い状態で、現実世界から遠く離れている距離にあります。

十代くらいの女の子と男の子→夢主の過去の姿です。アニマ(女性性)とアニムス(男性性)です。
夢主が感じ取った印象は、そのまま夢主の過去の姿、印象に当てはまります。
女の子も男の子もどちらも夢主の中に宿っている性格です。

見知らぬ男性は、夢主の中にある、現在進行形のアニムスであり、10代の男の子を成長させた状態です。未知なる世界を知る事になるでしょう。

夢主はこれまでのことを振り返り、清算し、脱皮していこうという意志が見えています。
出血というものは、痛みも伴います。夢主にとって、過去に何らかのアクシデントで色々辛い思いをしたり、やるせない思いをしたりをして、苦しみながら成長していった証でもあるんです。
そうして、未熟なアニマは死ぬ事によって、生まれ変わり、”女性”へと成長していくのです。その途中経過を、偶然にも自我が遭遇してしまったのであり、かなりショッキングな出来事だったのだろうと思います。

少女は目が見えない状態にあるので、これは情報不足、視野の狭いことを暗示しています。それだけ未熟だった、と反省しているのだろうと思います。

よって、男性の正体は、夢主自身の中にある、現在のアニムス(男性性)です。
だから、こんなにも懐かしく、愛しく思えたのでしょうね!



(※多い場合は抽選となりますので、ご了承下さい。また、鑑定したものは全て記事に上げます。直接ご連絡することはありませんので、こまめにチェックをお願い致します。今のところ空いていますので、100%近く鑑定出来ます。)


夢解き無料鑑定依頼フォーム

引き寄せの法則や夢分析鑑定で幸せをお届けします。